【財務分析ツール】
   主に貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)といった、ごく一般的な財務諸表の数値を利用した分析ツールです。このサイトで算出する分析指標以外にも、経営分析を行うための指標は数多くありますが、貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)から算出した指標は、経営分析において非常に分かりやすい数字を算出してくれます。
   決算書、残高試算表の貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)の数値を入力し、自社の分析を行ってみて下さい。

   □貸借対照表(B/S)を利用した財務分析
      貸借対照表(B/S)の数値を利用した分析を行い、「流動比率」「当座比率」「固定比率」「固定長期適       合率」「自己資本比率」を算出します。

   □損益計算書(P/L)を利用した財務分析
      損益計算書を利用した分析を行い、「売上高総利益率」「売上高営業利益率」「売上高経常利益率
      「売上高純利益率」を算出します。

   □損益分岐点(break-even point)分析
      "経営分析"といえば"損益分岐点分析"を指すぐらい、古くから用いられているオーソドックスな分析手法
      です。
      損益分岐点分析として「損益分岐点売上高」「損益分岐点比率」「限界利益率」を算出します。
      また、目標利益を入力することにより、目標利益達成に必要な「必要売上高」も算出できます。

   □決算書等の数値を利用した財務分析1
      ここでは
      ・貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)両者の数値を利用する指標
      ・貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)の数値以外を利用する指標
      ・「貸借対照表(B/S)を利用した財務分析」「損益計算書(P/L)を利用した財務分析」で算出していない
         指標
      のうち"安定性に関する指標"を算出します。
      算出する指標は「経常収支比率」「売上債権回転率」「仕入債務回転率」「手元流動性比率
      「キャッシュフロー」「借入金依存度」「インタレストカバレッジレシオ」です。

   □決算書等の数値を利用した財務分析2
      ここでは
      ・貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)両者の数値を利用する指標
      ・貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)の数値以外を利用する指標
      ・「貸借対照表(B/S)を利用した財務分析」「損益計算書(P/L)を利用した財務分析」で算出していない
         指標
      のうち"収益性に関する指標"を算出します。
      算出する指標は「金融費用負担率」「総資本事業利益率(ROA) 」「総資本経常利益率>(ROI)
      「株主資本当期利益率(ROE)」です。


【分析結果等についてご相談したい方へ】
   分析結果、各種指標等についてアドバイス等をご希望の場合は、ホットなコンサルのご利用をご検討下さい。

【自社ツールをご希望の方へ】
   自社専用の分析ツールが必要な場合は、以下の「お問い合わせ」からご連絡ください。ホットネット株式会社が、御社の応援をさせていただきます。


TOPPAGE  TOP 
Copyright © Stock and Assortment Consulting Ltd. All rights reserved.